2010年12月14日

「もしドラ 」 200万部突破

1 : ボーナス(チベット自治区):2010/12/14(火) 21:25:09.14 ID:B8hqFbMU0● ?PLT(18000) ポイント特典

bookcover-moshidora_m.jpg

 今年最大のベストセラー、岩崎夏海著「もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の発行部数が200万部を突破すると、
ダイヤモンド社が14日発表した。

 20万部増刷を決め、紙の本の累計は192万部となり、電子書籍版の10万部と
合わせて202万部に。同書は来年の映画化やテレビアニメ放映も決まっている。
(2010/12/14-20:44)


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010121400879>>23

続きを読む
posted by nikopati at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

一部医師の抵抗感からジェネリック薬の使用、頭打ち状態に

1 :しいたけ ◆I.Tae1mC8Y @おじいちゃんのコーヒーφ ★:2010/12/10(金) 13:54:32 ID:???0

medicine_BIG.jpg

厚生労働省は8日、2010年度後発品調査の速報結果を、
中央社会保険医療協議会の「診療報酬改定結果検証部会」に提出した。
薬局の数量ベース後発品調剤率は、1月の19・6%から6月の23・0%まで上昇したが、
7、8月とも22・8%にとどまり、委員からは「期待したほどの広がりがない。
じわじわ伸びていたが、やや頭打ち」との意見が出た。
ただ、「ボトルネック」とされていた薬局では、患者への説明等で改善が見られた。
一方、医師や患者の後発品に対する抵抗感が改めて浮き彫りになった。

薬局の応需処方せんのうち、後発品への変更が不可能なものは、
前回を1・5ポイント上回る33・0%で、後発品銘柄指定が14・1%だったため、
遠藤久夫委員(学習院大学教授)は、「(医師の)実質2割位が後発品を使いたくない
ということか」と解釈した。

また、変更可能処方せんのうち、1品でも後発品を調剤した処方せんは44・7%で、
先発品を後発品に変えたのは3・1ポイント増の8・6%となった。患者の希望で
変更できなかったものは25・6%で14・9ポイント増えた。
薬局の取り組みでは、後発品調剤に「あまり積極的に取り組んでいない」が24・0%を
占めるものの、前回より9・2ポイント少なく、主な理由は、近隣医療機関が
消極的なことや、後発品の備蓄に伴う在庫負担だった。

後発品の説明と服薬・副作用発現の確認は43・0%で実施しており、6・4ポイント増加。
薬を取り揃える前に後発品の説明を行うケースが増えた。

以下ソーストシル酸塩
http://www.yakuji.co.jp/entry21392.html

元スレッド
【医療】ジェネリック薬の使用は頭打ち状態 医師の2割ほどに後発品への抵抗感
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291956872/

続きを読む
posted by nikopati at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。